人気ブログランキングへ

2009年05月27日

ワールドジャンプデイ

ワールドジャンプデイ

最近エコがすっかりブームですね。
猫も杓子も訳もわからず、ただ環境保護とか地球温暖化対策などと盛り上がってますが、
そんな中、各国の優秀な学者が集まり、こんな突拍子も無いイベントが行われようとしていたらしいです。

その名も『ワールドジャンプデイ(World Jump Day)』
ワールドジャンプデイ(World Jump Day)とは、
世界標準時(GMT)2006年7月20日10時39分13秒(夏時間の場合11時39分 13秒、日本時間19時39分13秒)に予定されていた、
「西半球で6億の人々が同時にジャンプして地球の軌道をずらし、地球温暖化をストップさせよう」という極めて原始的な計画である。

理屈としては、
西半球にいる6億の人々が世界標準時2006年7月20日10時39分13秒に同時にジャンプすることで、
地球が太陽と反対の方向にほんの少しだけ動く。
すると地球の公転軌道が時間とともに現在の軌道からずれ、太陽から離れてゆく。
地球が太陽から離れることによって、地球が太陽から受けるエネルギーの量が減り、
たとえ地球の大気の二酸化炭素濃度が高くなっても気温が大きく上昇することはなくなる。

公式サイトでは、ジャンプへの参加を登録した人に「お知らせ」の有無を任意で選択してもらい、
ジャンプ前日にジャンプを知らせる電子メールを送った。その際、ジャンプを最低2分間続けるようにとの注意も添付された。

posted by あーばん at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面白都市伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。