人気ブログランキングへ

2009年05月30日

不幸を呼ぶ坊主

魑魅魍魎巣食う芸能界では、
こんな噂話が囁かれているという。

『人気絶頂期にドラマ・映画の役柄の為に
あっさり坊主になった人はその後不幸に見舞われる。』

下記に例を挙げてみよう。
・志垣太郎
 ⇒元々時代劇俳優だったが、アイドルとして人気が出はじめた頃に
   映画で脱走囚の役をやる為に丸坊主に。

その当時依頼されたチョコレートのCMはカツラをかぶって出演。
だがその後、アイドル時代の人気とは裏腹に、
年を取れば取るほど濃過ぎる昔の2枚目顔と頭のでかさ、
それに、小さ過ぎる体のギャップが悪目立ちし、
テレビにおける俳優としての仕事がなくなってしまう。


・高橋良明
 ⇒某放送局の大河ドラマ出演のため丸坊主にした。
  その後「ツヨシしっかりしなさい」主演が決まっていたが
  残念なことに交通事故にあってしまった。


・沖田浩之
 ⇒戦争もの映画出演のために丸坊主に。
  当時のCMや歌番組にはカツラをかぶって出演。 
  その後独立騒動によるバーニングからの圧力など紆余曲折を経て
  舞台や脇役中心の俳優になり、舞台(大衆演劇)の主演、
  安達祐美主演ミュージカルの相手役、
  サラリーマン金太郎2のレギュラーと仕事の予定が入っていた矢先に、
  実家の家業の借金などのトラブルで自殺。


・大葉健二
 ⇒JAC所属俳優としてギャバンなどテレビ・映画で大活躍。
  アクション俳優としての成功を期待されていたが、
  母の看病の為に実家に戻り一線を退く事になってしまう。
  だが、最近になって師匠の千葉とともに海外で俳優としての活動を再開。

芸能人が坊主になったら、
周りの人はぜひ気をつけてあげてほしい。

posted by あーばん at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本都市伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。