人気ブログランキングへ

2009年06月15日

不幸を呼ぶ白いソアラ

とある県の国道沿いにある中古車自動車店には、
いつもきれいな白いソアラが5万円で売られている。

それにはこんな秘密が隠されていた。

ある日その自動車屋の前を男子大学生が通りかかった。
男子大学生は高級車のソアラがこの値段で
売られてることに驚きそして喜んだ。

早速店内に入りどこか変ところがないかと散々調べてみたが、
これといって怪しいところはない。修理の後も見られなかった。

店員と話せば話すほど本当に状態のいい車だった。
そして彼はこの白いソアラを購入したのだった。

十日後、車が家に届くと彼は早速、
彼女を連れてドライブに出かけた。
白いソアラはやはり何の問題もなさそうだった。

快適にドライブは進み、とある高原にたどり着いた。
天気も良かったので彼女はルーフから顔を出して、
風に当たることにした。心地よい風が頬をなでる。

しかし、そこで思いもよらない出来事が起こった。

なんと腐って折れ曲がって道路にはみ出していた標識が、
彼女の顔面を直撃したのだ。

標識は彼女の首を切断し、
そのまま首はボンネットに落ちて道路へと転がっていった。
彼女は即死だった。

運転していた彼も、正気ではいられず
事故の後暫く入院していたが、
ある日事故を悔やんで自殺してしまった。

実はあの白いソアラは血をほしがるソアラだったのだ。
今でも白いソアラきれいな車体のままは中古車屋に置かれており、
新しい買い手がつくのを待っている。

posted by あーばん at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恐怖系都市伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。